電動パワートレイン

世界的に自動車のパワートレインは、従来の内燃機関からEアクスルやハイブリッドまたはEVのように電動化の大きな転換期にあります。 ATESTEOは、試験対象をコンベンショナルパワートレインから電動パワートレインに拡大し、バッテリシュミレータ、低慣性モータ、環境試験ベンチ、NVH試験ベンチ等の設備を拡充し、電動パワートレイン開発に必要な様々な試験をご提供しています。

お客様の電動パワートレイン開発を支援する当社の試験能力

ATESTEOの電動パワートレインへの取り組み: EVおよびハイブリッド車のドライブトレイン試験

  • 車載モーター、インバータおよび補機類電気コンポーネントの試験
  • バッテリーシステムシミュレーション
  • ハイブリッドドライブ試験

ATESTEOの電動パワートレイン試験能力

電動パワートレイン試験機器と仕様

バッテリシミュレータ

  • 最大電圧: 1000 V
  • 最大電流: ±1200A
  • 定格出力: 950kW
  • 保有台数:ドイツ47、中国10

低慣性(PMモータ

  • 定格トルク: 400 Nm、最大トルク: 575 Nm
  • 最大回転速度: 20000 rpm
  • 定格出力: 300 kW、最大出力: 420 kW

パワーメータ

  • 横河電機
  • WT1600 / WT 1804 / WT3000

恒温槽

  • 空気温度: -40°C ~ +160°C
  • 温度勾配: 6 K / 分
  • 相対湿度: 10% ~ 98%
  • 流体温度: -35°C ~ +135°C