GSA ギアシフト解析

オーダーメードのGSA ギアシフト解析

信頼できる車両ブランドの特徴として、ギアチェンジ品質とフィーリングがドライバの運転体験に影響を与えていることが挙げられます。この体験の主観的判断は個人の経験より異なるため判断基準の議論に陥ります。 ギアシフト解析システムはシフト品質改善を支援する客観的な特性値を設計者に提供し、マニュアルトランスミッションを最適化するツールです。これにより車両やテストベンチのシフト関連データを収集、処理、視覚化し分析して、シフト品質を評価する客観的特性が算出できます。ATESTEOの専門家と世界中の多くのお客様の経験により、GSAはシフト品質改善ツールとして世界中で認められるようになりました。

GSAシステム

ギアレバーまたは直接トランスミッションでシフト力とシフト距離を測定します。アナログとCAN信号、クラッチ力と排気量測定オプションにより、ユーザの測定プログラム実行を支援し各種フィルタを用いて読みやすい形式で特性値を分析・分類します。またユーザが定義した表と典型的なグラフで分析値を表示し、複数プロジェクトの比較も可能です。

GSA— シフトフィーリングの客観評価

GSAギアシフトアナライザはマニュアルトランスミッションの開発段階で使用します。このシステムはギアチェンジのフィーリングという主観的感覚を客観的数値やグラフに変換し評価するために使用します。ATESTEOのギアシフトアナライザは複雑なトランスミッションとギア開発プロジェクトの試験において長年にわたり価値の高いツールとして証明されてきました。GSAは車両のギアチェンジの客観的評価のみならず、トランスミッション新規開発と統合してコンポーネントの試験、潤滑剤の比較、品質保証のための最適なツールとして欠かせません。ギアシフトの品質に影響を及ぼす要素を測定および分析し、お客様のご要求に最適な解析を提供します。

機能性と結果の信頼性

GSAシステムは以下のことをサポートします。

  • 車両間の比較
  • 車両コンセプトの比較 (競合社、設計、サプライヤ製品)
  • 開発段階の比較 (設計反復)
  • 様々な生産ラインの比較
  • 耐久性と温度による影響の比較
  • 客観的特性値を用いた主観的評価の比較
  • 内部および外部シフト機構の分析
  • ギアチェンジ (シフト) 品質の改善

GSAギアシフト解析ツールの特徴

  • GSAによるシンクロ位相計測計測機器を迅速かつ簡単に設置可能。
  • 慣性力と摩擦力を最低限に抑え、データ収集における計測機器の影響を最小化。
  • 動的および静的測定を実行するための、様々な測定オプション (例 フリープレイ分析、剛性、シフトディテント分析) 。
  • シフト (ギアチェンジ) とシフト段階を自動的に確定。結果はチェックと調整可能。
  • 主要な特性値の計算 (例:シフト速度、衝撃、エネルギー) 。
  • ギアシフト、シフト段階、相対的時間、シフト距離の機能タイプとして、計算値を表示。
  • 最小値および最大値、時間値、強度といった固定値は、シフトおよびシフト段階とは独立して決定され、ユーザー定義設定表にリストアップ。
  • 特性値をMicrosoft Excel®にエクスポートし、特性値を決定後に希望する形式で表示可能。
  • 比較ツールは、複合測定プロジェクトの読み込みをサポート。プロジェクトの特性値の同時表示により、読みやすい形式で相違点を把握可能。
  • 測定されたGPSデータを用いてギアチェン表示し、指定位置の機能として評価可能(OSM [OpenStreetMap] マップ)。
  • 内部および外部シフト機構の分析に加えて、トランスミッションとコンポーネントの開発サポート、各種車両へのトランスミッションの統合、コンセプトの比較、製造ばらつきの文書化、トランスミッション (ギアボックス) 潤滑剤の比較が可能。

GSAシステムの4つのコンポーネント

GSAシステムにはデータの収集、表示、分析に必要なハードウェアとソフトウェアが完備されています。測定タスクと測定値はカスタマイズ可能であり、システムは変速機の静的および動的特性値を決定するための詳細情報を記憶します。事前定義されたチャート、フィルタ処理、比較機能により、分析結果を迅速に文書化し、データを主要なオフィスアプリケーションにエクスポート可能です。

GSA測定ハードウェア

三次元操作力を計測するギアシフトノブ。GSA測定ハードウェアはシフト行程と力を記録するためのセンサ含み、乗用車に組み込み可能です。商用車、トラック、配達車向けの特別ソリューションもあります。オリジナルの車両シフトノブは特別シフトノブと取り替えて三次元操作力測定ができます。シフト行程と力はソフトウェアで最初のシフトノブの位置に投影されます。車両床、天井張り、フロントガラスの三点でセンサシステムを取付け安全でねじれに強い位置決めが可能です。回転速度と温度の影響をセンサーで検出し評価分析します。

GSA計測装置

センサシステムのデータはImc社の計測装置を用いて高品質の測定値へと処理されます。装置のサンプリングレートは400 kHzです。計測装置の利点は高信頼性と高速サンプリングでの正確な測定です。計測装置のモジュラー設計により数多くの計測チャンネルを測定要件に適合することが可能です。

GSAデータ捕捉ソフトウェア

GSAデータ捕捉ソフトウェアにより試験設計の再調整に使用する測定プロジェクトを柔軟に設定。GSAデータ捕捉ソフトウェアにより試験設計の再調整に使用する測定プロジェクトを柔軟に設定します。車両とドライバー情報を入力し、測定開始前の車両ギアの配置が初期設定されます。追加で、測定点を簡単に設定しユーザー定義のチャートとディスプレイで表示し、静的測定と動的測定が区別されます。両方の測定方法で適切な解析条件の測定データを提供する手順をATESTEOが開発しました。シフト手順は測定中にソフトウェアが認識します。シフト手順間のシフト時間とシフト力を表示し、目標のシフト時間と力に対応可能です。リモートコントロールにより、測定トリップの間、簡単で安全な操作が保証されます。

GSA解析ソフトウェア

GSA解析ソフトウェアの自動解析アルゴリズムが各測定手順に対応したモードを提供し測定データを素早く評価。GSA解析ソフトウェアを使用して、記録した測定データを読みこみ表示できます。自動解析アルゴリズムが各測定手順に対応した特別解析モードを提供し、測定データを素早く評価します。静的値とオーダーメードのチャートが用意されます。動的測定 (測定トリップ) を解析する間、全てのシフトプロセスと特性値(同期時間、同期インパルス、回転速度ストローク、最大同期力など) の一覧表を作成し、ソフトウェアは各シフトプロセス毎の特性シフトゾーンに区分します。

  • 解放
  • 予備同期
  • 同期ゾーン
  • ブロックゾーン
  • フリーフライト
  • ダブルバンプ
  • オーバープッシング

操作方法が単純なため、予備的解析の結果は個々の要件に迅速に適合可能で、シフトゾーンの修正もできます。また、シフトナビゲータを用いた解析を行うためにシフトプロセスを選択できます。シフトタイプの組合せはナビゲータ(2-3、3-2) によってサポートされ、選択したシフトプロセスに対応した測定結果を得ます。シフトプロセスと解析結果は、ギア、行程、出力、回転速度、温度の機能として、事前定義されたチャートに表示可能です。シフトインパルスとシフト力、およびそのシフトゾーンを、GSA解析ソフトウェアが各シフトプロセス用に算出します。追加の測定チャンネルを描写するために、y(t) および xyグラフを使用します。その過程で既存の測定値と換算値を、横座標と縦座標軸に割り当てます。選択したシフトプロセスの静的値は、Excel互換ファイルにエクスポートしたり、グラフの画像出力も行なえます。お客様のニーズに対応した表示形式で出力します。

GSAパンフレットをダウンロードする
GSE