温度テレメータとトルクテレメータ

ATESTEOでは回転体のトルク、温度、応力の測定結果をディジタル無線伝送により非接触で受信し、アナログ電圧やCANなどで出力する 温度テレメータとトルクテレメータ を提供しています。誘導電源を使って回転部に電力供給し、バッテリレスの長時間計測が可能です。軸間や軸単取り付け用の測温フランジ、軸に取り付ける測温リングの他、小型送信モジュールを使い取り付けスペースが制限された状況で使用できます。スリップリング方式の測定が持つ接触不良、ノイズの影響、メインテナンスなどの問題を解決します。

温度テレメータカタログ

TTR測温リング

測温リングTTRは多チャンネルの温度テレメータです。リング径はお客様の要求にあった大きさでご提供可能であり、熱電対への配線と固定およびパラメータの設定で使用できます。また、誘導電源による回転部への電源供給により連続計測可能です。

  • 送信ユニット内蔵のリング
  • アンテナ付きステータ
  • 評価ユニット

一般データ

  • リング端面から熱電対を配線することにより、温度測定が可能
  • 非接触型 (ワイヤレス)のデータと電力伝送
  • 精度±2℃
  • アナログ出力更新時間:最短10~100mS
  • 温度測定範囲:-200℃~1350℃
  • 出力:アナログ電圧、RS232C、CAN
リング型で容易に軸上の多点温度測定が可能な測温リング。

TTF1測温フランジ

測温フランジTTF1は4~16チャンネルの温度テレメータです。標準フランジの他にお客様の要求にあったフランジでご提供可能であり、熱電対への配線と固定およびパラメータの設定で使用できます。また、誘導電源による回転部への電源供給により連続計測可能です。

  • 送信ユニット内蔵のフランジ
  • アンテナ付きステータ
  • 評価ユニット

一般データ

  • フランジ内側から熱電対を配線することにより、温度測定が可能
  • 非接触型 (ワイヤレス)のデータとエネルギー伝送
  • 精度±2℃
  • アナログ出力更新時間:最短5mS(4チャンネルの場合)
  • 温度測定範囲:-200℃~1350℃
  • 出力:アナログ電圧、RS232C、CAN
フランジ型で容易に軸上の多点温度測定が可能な測温フランジ。

RFTS-1 遠隔測定

テレメータRFTS型はドライブシャフトのような高速回転軸のトルクまたは温度を計測するためのテレメータです。このセットにはトルク測定用のRFTS-1と温度測定用のRFTS-TEMPがあります。無線伝送と誘導電源による非接触動作が可能です。

  • 回転部用の送信ユニット
  • アンテナ付きステータ
  • 評価ユニット VETAS

一般データ

  • 歪ゲージまたは熱電対の配線によりトルクまたは温度を計測
  • ひとつの巻線で、非接触型 (ワイヤレス)のデータと電気エネルギー伝送
  • トランスミッションコイル間の間隔が最大70 mm
  • 信号帯域幅 0…1 kHz (-3 dB)
  • 電源 9~36 V DC
  • 低消費電力
揺れ動く軸のトルク測定に最適なRFTS-1遠隔測定。ドライブシャフト等のトルク測定に向いています。